クラミジアの飲み薬は

クラミジアの治療

日本で最も多い性病として挙げられているクラミジア感染症の治療は、抗生薬を用いて治療を行います。クラミジア治療薬として使用される薬には「アジスロマイシン」、「クラビット」、「クラリスロマイシン」、「エリスロマイシン」などがあります。治療薬の効果はどれもほとんど変わりませんが、持続性と効力が薬によって多少異なります。

中でもアジスロマイシンは一度の服用で約1週間効果が持続するため、クラミジア治療薬として主流になっています。症状の軽い場合は、このアジスロマイシン一回の服用でクラミジア感染症が完治しますが、症状が重い場合にはクラビットやエリスロマイシンなどの治療薬を使用します。完治は早い方で1~3週間、症状の重い方で数ヶ月ほどの治療期間がかかる場合があります。

クラミジア治療薬のような抗生物質は、クラミジア菌だけではなくお体に存在する良菌にも影響を与えてしまうため、下痢や吐き気や胃もたれなどを起こす可能性が高くなります。吐き気や胃もたれなどの副作用を防ぐためにも薬の服用は必ず食後にするように気をつけましょう。食後にクラミジア治療薬を飲むことで吐き気や胃もたれといった副作用を防ぐことが出来ます。クラミジア治療薬の食前の服用はなるべく避けるようにしましょう。

クラミジア治療薬を服用する際の注意点

クラミジア治療薬を服用する際の注意点その1は「治療薬ごとに服用の仕方が若干異なる」ことです。クラミジア治療薬には複数種類がありますが、どれも服用の仕方が若干異なります。誤った服用の仕方をしてしまうと、副作用を起こしやすくなってしまいます。薬の飲み方は医師の指示を良く守って、正しく服用するようにしましょう。その2は「飲酒をしないこと」です。

クラミジア治療薬の服用をして飲酒をしてしまうと、薬の十分な治療効果を得られません。治療期間が長期化してしまうので、完治するまでは飲酒を控えましょう。その3は「途中でクラミジア治療薬の服用をやめないこと」です。クラミジア治療薬の服用を自己判断でやめてしまうと、今まで治療薬で減少していたクラミジア菌が再び増殖してしまいます。そのため、治療期間が長期化してしまいます。ひどい場合にはもう一度最初から治療をすることになってしまうので、医師の指示をしっかりと守り、クラミジア感染症が完治するまで治療薬の服用を続けるようにしましょう。