記事一覧一覧

クラミジアはお風呂で感染するの?

クラミジア感染症は、セックスやオーラルセックスなど主に性行為で粘膜同士が触れることが原因で性器や口腔、目などに感染する性感染症です。そのため、お風呂や体を拭くタオルを共用して使用しての間接的なほぼありません。

クラミジアは避妊具で防げる?

クラミジア感染症は約9割以上が性行為(セックス・オーラルセックス)が原因で感染します。クラミジア感染症は避妊具によって予防することが可能です。性行為時にはパートナーの事も考え、避妊具を使用してクラミジア感染症の予防をしましょう。

クラミジア肺炎って?

クラミジア肺炎とはクラミジアが原因として起こる肺炎で、肺や気管支等にクラミジアが感染することで発症します。クラミジア肺炎になる病原体は「クラミジア・トラコマティス」と「クラミジア・ニューモニエ」の2つがあり、感染経路や症状がそれぞれ違います。

咽頭クラミジアで喉が痛い症状が

咽喉クラミジアは喉の粘膜へクラミジアが感染したことにより、起こる性感染症です。症状は喉の痛みや腫れや発熱などがあります。咽喉クラミジアの治療は抗生物質の投与による「薬剤療法」が用いられます。完治には薬を飲むことを自己判断で途中でやめないことが大切です。

クラミジアの飲み薬は

クラミジア治療薬には「アジスロマイシン」、「クラビット」、「クラリスロマイシン」、「エリスロマイシン」などがあります。中でもアジスロマイシンは一度の服用で一週間ほど効果が持続するため、クラミジア治療薬の主流となっています。

のどにも感染するクラミジア

クラミジア感染症は性器だけではなく、口腔にも感染します。喉に感染したクラミジア感染症は咽頭クラミジアと呼ばれます。咽頭クラミジアはオーラルセックス(フェラチオなど)で感染します。咽頭炎や扁桃炎などの症状が現れ、性器へクラミジア感染させてしまう恐れもあります。

妊娠中にクラミジア治療薬を飲めますか

妊娠中にクラミジア感染症になってしまうと、早産や流産の危険性が高まり産道感染の発症リスクも伴います。妊娠中でもクラミジア治療薬を飲むことは可能で、胎児に影響のないアジスロマイシンやクラリスロマイシンなどが用いられます。