妊娠中にクラミジア治療薬を飲めますか

妊娠中にクラミジア感染症が発症


クラミジア感染症は性病の中でも最も感染率が多い感染症のひとつで、特に女性は自覚症状が起きにくく妊娠検診の際にクラミジア感染症であることを指摘されるケースが多い傾向にあります。妊娠中にクラミジア感染症が発覚した場合には、なるべく早めの治療が必要となります。妊娠中にクラミジア感染症が発症し、そのまま放置していると以下のようなリスクを伴うことになります。

妊娠初期から中期でクラミジア感染症が発症してしまうと「絨毛膜羊膜炎」を起こしてしまう危険性が高くなります。絨毛膜羊膜炎とは、胎児がお腹の中で包まれている脱落膜・絨毛膜・羊膜の3つの膜のうちの2つが炎症を起こしてしまう病気です。この絨毛膜羊膜炎にかかってしまうと、膜が薄くなってしまい破れてしまう恐れや子宮収縮が促されることにより早産や流産のリスクが出てきます。

次に妊娠後期にクラミジア感染症が発症してしまうリスクについてです。妊娠後期の場合は「産道感染」が発症してしまうリスクが高まります。産道とは赤ちゃんが産まれてくる際に通る場所で、産道がクラミジアで感染してしまうと産道感染が発症します。産道感染のまま赤ちゃんを出産してしまうと、産まれてくる赤ちゃんが「新生児結膜炎」や「新生児肺炎」などを発症してしまう可能性が高くなります。新生児結膜炎にはまぶたの腫れや目に膿が出てしまったりといった症状が現れます。新生児肺炎は呼吸がゼィゼィと苦しそうになり、痰や喀血など伴う咳といった症状が見られるようになります。妊娠中にクラミジア感染症になってしまうと流産や早産のリスクが高まり、産まれてくる赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうので、クラミジア感染症であることが発覚したらなるべく早めに治療を行うことが必要です。

妊娠中でもクラミジア治療は可能


クラミジア感染症の治療は薬剤療法が用いられます。妊娠中でも治療薬が飲めるのかと不安をお持ちの方も多いことでしょう。妊娠中でもクラミジア治療薬を飲むことは可能です。妊娠中のクラミジア治療では胎児に影響のない「アジスロマイシン」や「クラリスロマイシン」を使用した薬剤療法を用います。クラミジア治療をするうえでの注意点としては「途中で薬の服用をやめない」ことです。自己判断で治療薬の服用を途中でやめてしまうと、せっかく薬の効果で少なくなったクラミジアが増加してしまい、治療期間がさらに長期化してしまいます。医師の指示をしっかりと守り、完治するまで薬をやめないようにしましょう。