クラミジアは避妊具で防げる?

クラミジア感染症の症状と感染経路について


クラミジア感染症は日本で発症ケースが最も多い性病のひとつで、特に10代後半~20代に発症が多い性感染症です。クラミジア感染症は男性の場合、主に尿道に感染します。排尿時に痛みが生じたり、尿道から膿が出たりなどといった症状が現れます。また、このような症状が出ないケースも多くあります。クラミジア感染症を放置してしまうと尿道炎や精巣上体炎、前立腺炎や血精液症になる恐れがあります。女性のクラミジア感染症の場合は、子宮頚管に感染します。おりものの量が増えたり、不正出血をしたりといった症状が現れます。また、女性は男性よりも自覚症状が現れにくい特徴があります。クラミジア感染症を放置してしまうと子宮頚管炎や卵管炎、子宮外妊症や不妊症などの恐れがあります。

また、クラミジア感染症は性器のみの感染だけではなく口腔への感染もあります。口腔へのクラミジア感染はオーラルセックスにより感染します。女性の性器クラミジア感染症発症者のおおよそ20%ほどが感染している可能性がある性感染症です。口腔へのクラミジア感染症は喉の腫れや痛み、発熱などの症状が現れます。しかし、自覚症状が現れないケースも多いので注意が必要です。性器クラミジア感染症は放置してしまうと、不妊症になってしまう恐れがあるとても恐ろしい性感染症です。クラミジア感染症を長期化させないためにも、少しでも違和感や痛みを感じたらすぐにクラミジア感染症であるかを検査するようにしましょう。

クラミジア感染症の予防対策


クラミジア感染症の感染を予防するための対策として有効なのは性行為時に避妊具(コンドームなど)を使用することです。クラミジア感染症は粘膜同士が触れることで感染するため、避妊具を使用して直接粘膜同士が触れることを防ぐことでクラミジア感染症を予防することが出来ます。しかし、避妊具を使用したとしても性器が傷ついた状態や生理時には性行為は控えるようにしましょう。性器が傷ついた状態や生理時にはクラミジア感染がしやすい状態となります。そのため、避妊具を使用したとしても感染してしまう恐れがあるので注意しましょう。また、クラミジア感染症を予防するためには不意な性行為を控えることが大切です。性行為から数日経ち、少しでも痛みや違和感を感じたら、パートナーにもクラミジアが感染している可能性が高いので一緒に検査を受けるようにしてください。