のどにも感染するクラミジア

口腔へのクラミジア感染


クラミジア感染症は日本で最も発症が多い性病として知られています。性器クラミジア感染症が発症してしまうと、エイズへの感染率が通常よりも大幅に上がってしまい、クラミジア感染症をそのまま放置してしまうと不妊症になってしまう危険性があります。性器クラミジア感染症はとても恐ろしい性感染症のひとつです。また、クラミジア感染症は性器以外にも発症することがあります。その感染箇所は喉です。喉へのクラミジア感染症は「咽喉クラミジア」と呼ばれています。

咽喉クラミジアはオーラルセックスやディープキスなどが原因で喉の粘膜へと感染してしまいます。特に女性の方が咽喉クラミジアが発症することが多く、主にフェラチオが原因で感染します。また、男性でもクンニリングスによって咽喉クラミジアを発症するケースがあります。クラミジア感染症は粘膜同士が触れることで感染するため、食べ物や飲み物での感染はほぼありません。

咽喉クラミジアの症状と予防


咽喉クラミジアが発症してしまうと「喉の腫れ」、「喉の痛み」、「発熱」、「首筋のリンパの腫れ」などの症状が現れます。これらの症状は咽喉炎や扁桃炎などと呼ばれます。咽喉クラミジアは自覚症状が現れないケースも多く、これらの症状は風邪に良く似ていて、咽喉クラミジアによる症状と区別がしにくい傾向にあります。咽喉クラミジアは性器クラミジア感染症とは違い、放置してしまうことで症状が重くなることはありません。また、粘膜同士が触れ合わない限り、咽喉から自分の性器へとクラミジア菌が感染することはありません。しかし、咽喉クラミジアは感染源となってしまうので注意が必要です。そのため、咽喉クラミジアであってもそのまま放置せず、治療は早めに行うことが大切です。

オーラルセックスが原因の咽喉クラミジアを予防するためには、やはりコンドームを使用して粘膜同士の接触を防ぐことが一番の予防対策となります。少しでも喉への違和感や痛みを感じたら一度咽喉クラミジアであるかどうかを検査することにしましょう。咽喉クラミジアに感染していることを気づかず、オーラルセックスやディープキスなどを行ってしまうとパートナーへ感染させてしまいます。また、どちらかにクラミジア感染症が発覚したら、パートナーにも感染している可能性が高くなるのでパートナーと一緒にクラミジア検査を受けるようにしましょう。